1. ホーム
  2. 構造・品確法

構造・品確法

木の特性を活かしながら、強くて優しいこと。それが、ue_bo designのこだわりです。

例えば、暑さや寒さから住まう人を守る。
万が一のときも、しっかりと包み込む。
いつも共に歩み、いつまでも優しくあり続ける。
私たちue_bo designは、住まいを『家族』の一員として考え、その構造に徹底的にこだわります。
ハウスメーカー特有の安定的な品質と地場工務店に代表される熟練の技を共に併せ持つ、
わたしたちue_bo designと、夢のマイホームづくりを。

ue_bo designの「強さ」と「優しさ」は、住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)により定められた性能表示制度により対応しております。

構造の安定性
(耐震性)
温熱環境
(資エネルギー性)
空気環境
(シックハウス)
劣化の低減
(耐久性)
維持管理の配慮
3 4 3 3 3

構造

構造用面材を採用した耐力壁

耐力壁とは地震の揺れに抵抗する壁のことです。ue_bo designの耐力壁は耐震性を高いレベルで確保するため、壁面に構造用面材を施工し、壁の面全体で地震の揺れを分散して吸収する壁体を実現させています。また構造用面材と筋違いを組み合わせることで壁倍率にバリエーションを持ち、家全体のより良い強さのバランスをとっています。さらに、面材自体に透湿抵抗の少ない素材を採用することで壁体内結露を防ぎ、家の耐久性を高めています。

家を強くするための厳密な計算

ue_bo designの家は地震力・風圧力に対してどれだけ抵抗できるかを計る「壁量計算」によって、適切な壁の量を計算し家の耐震性を一邸一邸確認していきます。さらに家の強さが片寄らないように4分割の計算(平面的に建物の1/4にあたる壁量充足率を均等に近づける計算)及び「偏心率」、「柱直下率」などを計算することで、家の強さを様々な方向から検証し安全性を確認しています。

剛床工法を採用

住まいの強度を高めるには、耐力壁に加え床の強度も重要です。どんなに強い壁体を作っても家がねじれては強い壁の効果を発揮できません。剛床工法では、各階の床を床梁で91cm角のマス状の骨組みをつくりその上に24mm厚の構造用合板を施工し、各階の床を一体化することで、水平剛性を高めています。水平荷重(横からの力)を耐力壁、基礎、地盤に伝えることで、地震や台風による力を分散し受け流しています。

金物接合でさらに強固に

各構造材をしっかりとつなぎ止め、地震の揺れをそれぞれの構造材に確実に伝えることで、揺れの力を分散し、家全体をより強くしているのが接合金物です。しっかりとつなぎ止められた骨組みは、家の気密性能を高める効果もあります。

ue_bo designの住まいは
『省令準耐火構造』
公的に認められた耐火性を備えています

『省令準耐火構造』の住まいとは、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合しているものを指します。それにより、耐火性が公的に認められた安心の住宅であることが証明され、さらには火災保険の割引措置などの利点も併せ持っています。

基礎

耐震性の高いベタ基礎工法を採用

ue_bo designの住まいはベタ基礎を標準としています。ベタ基礎は、布基礎に比べ地面との接地面積が多いため、家の荷重や地震時の揺れを分散させることで、不同沈下を防ぎます。

細かな規定を遵守した基礎内部の構造

配筋の間隔や基礎の立ち上がり幅、さらには鉄筋同士の接合に至るまで細かな規定を設け、基礎の耐久性を保ちます。また鉄筋のコーナー(角)部分にも補強を施し、頑強な基礎を実現しています。細かな寸法を現地で一つ一つ確認し、さらに第三者機関による検査を実施し設計通りの強い基礎をつくっています。

●構造断面イメージ図

断熱

次世代省エネ基準を満たした断熱施工

壁・屋根面の断熱はノンフロン硬質ウレタンフォームの吹付工法を採用。対象物(壁・屋根など)に吹き付けると数秒で約100倍に発砲し隙間を軽減し、構造材にしっかり接着します。一般に断熱性能は断熱材に全体の5%の隙間があると44%、10%で87%も低下するため、隙間を作らないことが重要です。発泡性の素材を吹き付ける工法では隙間が出来にくく、断熱性能はグラスウールの約1.5倍に。また耐火性・難燃性も延焼を防止する難燃処理を施し、防火認定も取得済です。燃焼時に発生するガスは国土交通省告示のガス有害性試験に合格するほどクリーン。原材料もシックハウスの原因とされるホルムアルデヒドを一切含まず、厚生労働省のガイドラインに定められたVOC(揮発性有機化合物)も未検出のものを使用。優れた断熱・防火性能、そして環境性能を備えた新しい断熱材です。

優れた断熱性能を持つ自然素材セルローズファイバー

セルローズファイバーは新聞古紙(売れ残った新品の新聞紙でチラシや異物が入らない良質なもの)を主原料とした木質繊維系の断熱材。熱伝導率は、0.04w/m・kと木材(松)の1/4しか熱を伝えません。その断熱材を、壁に専用のシートを張り1立方メートル当たり55kgの密度まで吹き込むので隙間も少なくなり、経年沈下が起こりません。実験では、20年分の振動を加えても沈下は確認できませんでした。天井には、小屋裏に直接吹き込み隙間を埋めます。耐火性能は防火構造認定を取得しており、厚さ50ミリをガスバーナー(約1,000℃)で30秒燃やしても、表面が炭化するだけで、裏面までは炭化しません。さらに、ホウ素系の薬品が添加してあるため燃えにくく、害虫から家を守ります。ホウ素系の薬品は実験により安全性が確かめられており医療でも使われるなど、人体への蓄積や残留がありません。アメリカやドイツの安全基準をクリアしているエコマーク認定の商品です。

押出法ポリスチレンフォーム

床下には吸水性が少なく断熱性に優れた高性能断熱材「ポリスチレンフォーム」で施工するため、冬の床下からの寒気を遮断します。またホルムアルデヒドを含まないノンフロン製品であるため、環境やシックハウス対策にも適しています。

Low-E複層ペアガラスを採用

サッシのガラス部分には、Low-E複層ガラスを採用。特殊金属膜をガラスにコーティングすることで、断熱性・遮熱性を大幅に高めます。さらに、結露の抑制、室内外の熱の伝わりを少なくすることで冷暖房費を抑制する効果も発揮。また紫外線を約82%カットする効果もあり、家具などの日焼けを抑えます。

空気環境

家族の健康に優しい建材を使用

ホルムアルデヒドなどVOC(揮発性有機化合物)の低減のため、厳しい基準で建材を選定しています。JIS(日本工業規格)やJAS(日本農林規格)が定める等級でホルムアルデヒト放散量が極めて少ないF☆☆☆☆(※)の建材を使用し、住む人の健康への配慮を徹底しています。

※F☆☆☆☆(Fフォースター)は、JIS工場で生産されるJIS製品に表示することが義務づけられているホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークです。Fフォースターの認定を受ける条件はホルムアルデヒド放散速度(μg/㎡h)が5以下であり、ホルムアルデヒド放散量(mg/l)は0.12以下(JASの場合は平均値0.3mg/l、最大値0.4mg/l)です。※単位について 放散速度:μg/㎡・h 1時間に1㎡より放散される物質の重さ(μg=100万分の1g)※放散量:mg/l 1リットルの水に溶解した物質の重量(mg=1,000分の1g)

空気環境を保つ換気システムを採用

室内は建材や家具から出るVOC(揮発性有機化合物)、ほこりなどによって、空気がよどみがちです。健康的な空気環境を保つためには、計画的な換気が必要です。ue_bo designでは24時間換気システムを建物の大きさやプランにあわせた計画をしています。計画的な換気によって、VOCや結露、カビの原因となる湿気を抑制し、健康的な空気環境を保たせています。

1階の床は無垢材を標準採用

1階には、心地よい肌触りのある無垢材を標準採用しています。無垢の床材は、適度なクッション効果と温かさで足に負担をかけにくく、心地いい感触を与えます。家の中を素足で歩きまわれる快適さは、木の家に住む人の特権と言えます。木材は樹種によって個性的な香りを持っています。木が発散する香りは睡眠時のα波を増幅して疲労回復やストレスの緩和などリフレッシュ効果を促進するという研究結果も出ています。特に、血圧を下げたり、脈拍の乱れを減少させるといった効果は、仕事でストレスをため込む現代人に不可欠なのかもしれません。

自然素材の仕上材を選択できます

無垢パネル室内表面積の約60%を木材にすると、脳に対してリラックス効果があると言われます。人は、知らず知らずのうちに天然の素材を求めているのかもしれません。部屋の仕上げに木材を使うと、目が疲れにくいと言われています。これは、木の表面にあるミクロの凹凸が光を分散させると同時に、有害な紫外線を吸収するからです。そのため学習机には木が使われることが多く、大切なお子様の目を守っているともいえます。

塗壁 「けいそう土」の特長である「吸放湿作用」で、お部屋の湿度を一定に保ち、常に快適な室内環境を実現します。また、室内中に発生したホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着し分解(無害化)。さらに有害なタバコの煙や、灯油の煤なども吸着してくれるため、嫌な臭いを抑えて空気をクリーンに保つ効果も期待できます。加えて、「けいそう土」は非常に熱伝導率が低いことから断熱効果にも優れており、夏は涼しく、冬は暖かいというメリットも得られます。こういった様々なメリットを持つ「けいそう土」を使用した「けいそう壁」は、天然の土や砂といった無機質不燃材が主成分になるので、防火性も抜群。万一の火災時でも延焼を防ぎ、避難時間の確保にもつながります。

維持管理

点検が容易な実管(さや管)スリーブ工法

基礎の埋設部分に実管スリーブを使用し、その中に排水管を通した工法です。
排水管が貫通する穴が予め確保されているため、点検や取替工事などの際に、基礎に抵触せずスムーズに行えます。

メンテナンスを容易にする仕様

点検や補修がスムーズに行えるよう、点検口を適切な位置に配置し、給水管の分岐部分を1ヶ所に集中させることでメンテナンスを容易にしました。また、床下収納庫を兼ねた点検口や基礎部分の人通口などを設けたり、屋根裏にも出入口を設け、基礎・床下・屋根裏部分のメンテナンスがしやすいようにしています。

強度を長く保つ鋼製束を採用

床を支える構造材には、鋼製束を採用。構造材のやせなどによる高さ調整が、簡単にできメンテナンスしやすいのが特徴です。ue_bo designが使用する鋼製束には溶融亜鉛メッキを施しているため湿気に強く、錆も軽減されます。床下では錆に対し、100年以上の耐久性を持つとも言われています。

劣化軽減

地面からの湿気を遮断する防湿フィルム

地面からは敷地全体で1日数10リットルもの水蒸気が発生していると言われます。ue_bo designの家は、防湿フィルムを全面に敷き詰め、地面からの湿気侵入をベタ基礎のコンクリートとともに遮断することで主要構造体の腐食を低減し耐久性を高めます。

主要木材に施す防腐・防蟻処理

土台は加圧注入処理による防腐・防蟻処理を施し、建物外周部の主要木材には地面から1mまでの高さまで防蟻処理を施しています。また、使用する薬剤は人体と住環境の安全に配慮したものを採用しています。

床下は換気に適した基礎パッキン

ue_bo designが使用する基礎パッキンは、住宅金融公庫や性能保証住宅登録機構に認定された工法です。使用する基礎パッキン自体は人造石とも言える複合材で作られ、日本唯一の実物大実験で滑らないと実証されたもので、100年たってもひずみ率は1/100にとどまります。この工法は基礎自体に換気口を開けずに換気ができ、従来の床下換気口を設ける工法に比べ換気量も1.4倍に増え、床下全体の通気が向上することで土台や構造材を腐りにくくし、シロアリの繁殖も抑えてくれます。基礎パッキン工法を採用することにより、シロアリの被害に対する保証を20年付与することができます。

₢킹

このページのトップへ